ノイスは簡単便利で男性も女性も顔脱毛OK

 

女性特有の口周りの産毛、皆さんはどのようにケアをしていますか?口周りは皮膚が薄いため、カミソリでの処理を続けると色素沈着などのトラブルを起こしがちです。毛が細い部位なので、脱毛も効果が出づらくお手入れに頭を悩ませている方も多いようです。

 

 

 

そんな女性の救世主として今話題になっているのが「ノイス」です。ノイスの良いところはその効果の高さはもちろん、使い方がシンプルで手間がかからないところです。

 

 

 

ノイスの使い方はとっても簡単。夜の入浴後と朝の洗顔後の1日2回、ノイスを小豆粒大手に取り優しく口周りになじませるだけです。使い方のポイントとしては、お湯で手を温めてからノイスを手に取るとより一層肌にノイスのクリームが馴染みます。手を温めるという一手間を加えるだけで、ノイスが肌の奥まで浸透し、効果に差が出ます。

 

 

 

使い方がとても簡単なノイスなら、一日中忙しくスキンケアの時間が十分に取れない方でも負担になることなく継続できるはずです。ノイスは平均1?2か月で効果を感じられるようです。毎日継続してのノイスでのお手入れが肝心です。

 

 

 

なぜノイスは簡単な使い方でクリームを塗るだけで口周りのムダ毛に効果を発揮してくれるのでしょうか。ノイスは女性のひげが濃くなってしまう原因であるホルモンバランスの乱れに着目しました。

 

 

 

女性でもひげがく濃くなってしまうのは、男性ホルモンが優位になってしまっていることが多いようです。ノイスはイソフラボンや黒ダイズエキス、進化したイソフラボン「エクオール」など、天然由来の成分がやさしく肌に働きかけ、女性ホルモンのバランスを整えます。

 

 

 

また、ノイスはムダ毛を無くすだけでなく、透明感やハリツヤと言った美肌に欠かすことのできない要素を実現する成分も豊富に配合されています。それら全てが天然由来の成分で肌に負担をかけることなくツヤツヤプルプルの美肌へと導いてくれます。

 

 

 

自己処理で毛穴が目立ったり、くすみがきになると言った肌にもノイバラ果実エキスやタンパク質分解酵素が効果的に働きかけます。ムダ毛が無くなるだけでなく、美肌効果も高いノイスは、忙しく毎日を過ごす女性の間で今とても人気が出ています。

 

 

 

カミソリやエステでも脱毛、除毛クリームなどに比べて格段に手軽な使い方で確かな効果を感じられるノイスは、口周りのケアに悩む女性に是非おすすめしたいアイテムです。

 

 

 

口周りの美肌が実現されれば、毎日を明るく前向きな気持ちで過ごすことができそうですね。

皮脂や産毛の肌トラブルとサヨナラ

顔の産毛が多いとファンデーションののりも悪くなりますし、洗顔で皮脂を落としきれないとニキビや黒ずみの原因にもなります。産毛は適切に処理をしないとひげのようなものが口の周りに目立ってしまうことがあるので専用の美容クリームでお手入れをするのがおすすめです。

 

 

 

最近人気の口の周りの産毛専用のケア用クリームなら毎日塗るだけで口の周りのいやなムダ毛を根こそぎ処理することができます。シェーバーや毛抜きでは肌が荒れてしまうという女性は多いですよね。専用の美容クリームならシェーバーを使う必要もありませんし毛抜きで痛い思いをする必要もありません。

 

 

 

口の周りのムダ毛専用のクリームは、最近雑誌やインターネット上でもかなり話題となっており、入手しづらくなった時期があるくらい人気が沸騰しています。シェーバーや毛抜きが無くても塗るだけで口の周りのムダ毛とサヨナラできるなんて、夢のようなクリームですよね。

 

 

 

敏感肌の方でも使えるような無添加タイプのクリームなら美容液感覚で使えますし、お肌の保湿にもなるので一本は持っておきたいマストアイテムと言えそうです。インターネットで定期購入できますので、口の周りのムダ毛に悩む前に試してみては?

 

 

意外と簡単。顔の産毛処理の正しい方法

ムダ毛の処理は女性必須の美容ケアの1つですが、頻繁に行っていると、肌にかかる負担が大きくなってしまうので注意が必要です。中でも、顔に生えている産毛処理は特に気を付けましょう。顔の皮膚が非常に薄く、ムダ毛処理による肌の赤みや腫れが目立ちやすくなるからです。

 

 

 

ムダ毛の自己処理で良く利用されるいるのはカミソリです。カミソリというと、肌の表面と傷つけてしまうというイメージが強いですが、正しいやり方を知ることで、簡単にケアができます。

 

 

 

ムダ毛を処理する時は、まず最初に肌を保湿することが大切です。肌は乾燥していると、外からの刺激に弱くなるからです。化粧水で肌の水分量を上げたら、シェービングクリームを使うことも大切なポイントになってきます。

 

 

 

シェービングをする時は、毛が生えている向きに沿って刃を動かくことが大切です。顔の中心から外に向かって動かすことで、肌の角質を守りながらムダ毛を処理していくことができます。さらに、切れの悪いカミソリを使わないようにすることで、肌ダメージを少なくすることができます。

 

 

 

ムダ毛を剃り終わったら冷えたタオルをあてて、肌の赤みや腫れを抑えるようにしましょう。さらに、通常よりも多めに化粧水や美容液を使うことで、肌ダメージを最小限に抑えることが可能です。

顔の産毛を抜くパックは痛いの?!

顔の産毛処理でパック剤をつかって一気に剥がして抜く、という強引な顔の産毛パック方法をご存知でしょうか?昔脇のムダ毛を抜くのに使われていたワックスに似ているような感じです。顔の産毛処理でパック剤を使用して抜くとなると、顔の肌とパック剤が密着することになります。

 

 

 

つまり、パックが顔の産毛を抜く時に、一緒に肌の細胞も取り去ります。顔の表皮が固く溜まっている女性には良いかもしれません。でも、そういう女性ってなかなかいないですよね。普通は顔の肌はやわらかいと思います。つまり、顔の産毛処理をパック剤で剥がすのは良くないということです。

 

 

 

もちろんはがすので、一気に毛抜するのと同じ状態ですから痛いです。赤く腫れたり、痒くなることだってありますよね。これは絶対やってはいけない毛抜きの顔全体版です。毛を無理に引っ張ってぬいていると、肌がたるんできます。つまり、老け顔になってしまうということです。他にも弊害はたくさんありますので、毛抜き、パックで剥がす、だけは絶対にやめておきましょう。

 

 

 

では、何が良いのかと言えば、まず一番メジャーなのがカミソリで剃り、取り除く方法です。剃ること自体はあまり問題ありませんが、お肌のバリア機能を産毛と一緒に持っていかないように気をつけてください。そのためには、顔専用の電気シェーバーを使って、お風呂上りの清潔な肌で剃ることです。

 

 

 

そして抑毛効果のあるスキンケアクリームを使い、毛根を少しずつ小さくしていきます。こういったスキンケアクリームは、女性ホルモン様成分が含まれますので、産毛は薄くなります。これで、電気シェーバーを使う頻度は下がっても、増えることはありませんのでご安心ください。

 

 

 

最後は専門家に任せるという方法です。もしカミソリや電気シェーバーで処理しても跡が残る。メイクしてもダメという人は最後の手段です。一番はやはり皮膚科の先生がいる医療脱毛が安心でしょうか?レーザーの照射力も強く、麻酔もしてくれますし、万が一にもちゃんと治療してくれ、薬も処方してくれます。

 

 

 

しかも、レーザーが強いために、うすい産毛や難しい鼻の下なども腕のよい人がレーザー照射してくれれば、通う回数が減ります。次に、エステサロンの脱毛です。こちらはあまりつよくない光照射となりますので、通う回数が多くなります。ただ、一緒にマッサージや、リラクゼーションなど、他のエステメニューもできることがメリットの1つです。

 

 

 

永久脱毛と決めたら、まずは無料カウンセリングに行って、どちらが自分の肌質や、毛の量、生え方などに合うのかを確認した方がいいかも知れません。いまではメニューもよりどりみどりで揃っていますから、自分に一番合ったものが見つかると思います。

トップへ戻る